July 2011

July 12, 2011

飯島千恵美『いきるものイラスト展』に行ってきました。

ちぃちゃんとはおうちが近くて、すごくたまに会ったりしています。

彼女の絵はすごく素敵なので、是非見に行って欲しいです。

ikirumono

大通り西13丁目の札幌市資料館2階
ギャラリー6で7月18日まで、見ることができます。
イラストなのに、立体もありますよ!

実は隣のギャラリー5にも彼女の作品があって、
行くとなんだか盛りだくさんで嬉しいです。

彼女のブログも是非見に行ってください。
優しい感受性が溢れています。

http://ameblo.jp/iijima0144/

初日ということもあってか、いろいろな人が来ていました。
ちぃちゃんの絵に癒される人はやっぱり多いんだなぁと思います。
『いきるもの』というテーマも素敵です。

彼女に会えたら、名刺をもらうといいですよ。
作品がプリントされているので、とても嬉しくなります。
出会えて、名刺をもらえたらラッキーな感じです。

札幌市の『カラフルブレインアートフェスタ』(CBAF)の前身『アスペフェスタ』のときに出会って以来なので、
短いようで意外と長い付き合いなんだなぁと思いました。

今年は彼女はCBAFで何を展示するのかなぁと今から楽しみです。


July 05, 2011

活かそう!発達障害脳 -いいところを伸ばすは治療です-

1106052973


カモミール名誉顧問の長沼睦雄先生がご出版されました。

脳みそという視点から発達障害の人をみる新しい視点の本です
長沼先生には個人的にも非常にお世話になっていて、
今回のご出版は本当に嬉しい!!
花風社の浅見さんには本当に感謝です。

内容は非常に濃いですが、読みやすく仕上がっていてとてもありがたいです。
しかも、『大人の発達障害を診られない医者』という部分では
先生、こんなこと言っちゃっていいの?とドキドキするほどストレートに書いていて
「他のお医者さまに反感を買わないか心配…」と先生がつぶやいていたのを
「確かに…」と思ってしまいました。

でも、これは発達障害をもっと知りたい人には必読書です。

どうこの頭の凸凹をのりきるか、何故こうなるのか…面白いと思います。
トラウマについても記載されていて、非常にいい本だと思います。
最近本でオススメしたいものが増えていますがこの本もその中のひとつです。